顔だけで毛穴すっきり、潤いはたっぷり、柔らかいもちっとしたお肌をゲット!

商品名 → ウオッシングパウダー【洗顔パウダー レバティ(LEVATI)】
企 業 → LEVATI(レバティ)
CAC化粧品から新ブランド誕生しました。防腐剤など、品質保持する成分は一切使用せず敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。
成 分 → アミノ酸系洗浄成分、デキストリン、グルタミン酸、バリン、トレハロース
内容量 → 1g×60包
販売価格 → 3,400円(税込)
特 典 → 今なら購入者全員にレバティ『泡立てネット』がもらえます!
 

洗顔パウダー レバティ(LEVATI)とは?

洗顔パウダー レバティ(LEVATI) 洗顔パウダー レバティ(LEVATI)は、油分を一切含まない100%アミノ酸系パウダー洗浄料

メレンゲのようなキメ細かい泡が、毛穴に詰まった皮脂までしっかり洗浄し、さらにアミノ酸と多糖類の保湿成分でしっとり仕上がり、つっぱらないツルツル肌へと導いてくれます。

※2度の洗顔でクレンジング不要!!

あなたも洗顔だけで毛穴すっきり・潤いたっぷり・柔らかもちっりお肌を手に入れませんか?

洗顔パウダー レバティ(LEVATI)“泡にヒミツが!!”?

レバティのアワ 毛穴の詰まり・開き、大人のニキビでお悩みのあなた・・・ 洗顔パウダー レバティ(LEVATI)のメレンゲのような泡・・・実はかなりヒミツがあります。

“メレンゲのようなふわっふわっの泡”。 それは心地よい使用感だけではないのです!

ただ汚れを落とすだけの「先顔料」とは違います・・・皮膚医学から生まれた角質ケア・毛穴ケアのためのとっておきのアワなのです。

ですから、アトピー・超敏感肌の方から赤ちゃんまで。。。今まで何を使ってもピッタリこなかったあなたにこそ使っていただきたい!


洗顔パウダー レバティ(LEVATI)よくあるQ&A

Q1.レバティはなぜ肌タイプ別に分かれていないのですか?

肌タイプとは、実は肌トラブルタイプ別とも言えます。

しかし、理想の肌は1つ(角質層が整っていること)なのです。

ですから、正しい角質ケアができていれば、分泌した皮脂や油分による毛穴詰まり、黒ずみ、乾燥して肌が硬くなることによる毛穴開きや、雑菌繁殖によるニキビ・吹き出物、紫外線によるシミなどから守ることができるのです。

Q2.コラーゲンやビタミンC配合などのナノテク化粧品を使えば肌の奥まで栄養がしみ込んで、キレイになれるのでは?

これは完全な誤解ですね。肌は日々の新陳代謝によって汗や皮脂、垢を出している排泄器官であり、栄養を吸収する器官ではないということは医学的な事実です。

水分などが浸透するのは、肌のバリアゾーンである角質層までで、それより深く浸透させるには浸透剤(つまり石油系界面活性剤)を使う必要があります。

しかし、それでは角質層の下の生きた肌細胞まで壊してしまうのでかえって肌トラブルの原因を作ってしまうのです。

美肌になるためには、肌のメカニズムに基づいた、自ら潤うための正しいお手入がベストです。

※化学成分など肌にとって有害な成分は、表皮細胞から浸透することもありますが、いったん浸透すると、経皮毒(経皮吸収)と言って、表皮細胞にとどまらず毛細血管からからだ全身に入り込んでしまうことも。

Q3.正しい紫外線対策、美白ケアにはどうしたらいいの?

まず、美白化粧品は、メラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを抑えるタイプ、壊すタイプ、メラニンを漂白するタイプの3つに分けることができます。

しかし、メラニンの生成を人口的に操作することは、皮膚本来の紫外線防御機能を妨げることになってしまい、長く使えば使うほどマイナス効果を招きかねません。

また、日焼け止めクリームなどの油分は肌の重要な排泄機能(新陳代謝機能)を低下させ、角質層にダメージを与えたり、空気に触れると過酸化資質になり、かえって黒ずみの原因になりかねません。

理想的な紫外線対策によって、肌本来の機能を活発化させ、新陳代謝もスムーズになれば、理想的な若々しい角質層、つまり、シミをシミとして定着させにくく、潤いと透明感・ツヤのある白さを取り戻すことができるのです。

ですので、肌本来の働きを最大限に導きだすことを考えたレバティがオススメです。

あなたも洗顔パウダー レバティ(LEVATI)」を試してみませんか?

泡立てネット 今使っている洗顔料に納得がいっていない方は、ぜひ「洗顔パウダー レバティ(LEVATI)」を使って、毛穴すっきり、潤いたっぷり、柔らかいもちっとしたお肌を手に入れてみませんか?

今買うと、購入者全員にレバティ『泡立てネット』がもらえますよ〜


ウオッシングパウダー【洗顔パウダー LEVATI(レバティ)】 →洗顔パウダー レバティ(LEVATI)の詳細はこちらへ〜

 カテゴリ
 タグ